ラフィーシャンプーの解析結果を公開!

ラフィーシャンプーは一体どんなシャンプーなのでしょうか?
解析してみましょう。

 

ラフィーシャンプーだけでなくこの世に出回っている多くのシャンプーの大半は水でできています。
ラフィーシャンプーはその水からこだわっているんですよ。
水に含まれる栄養分、豊富なミネラルや洗浄性の高さなど、久米島の海洋深層水に辿り着くのには容易ではなかったようです。

ラフィーシャンプーはアミノ酸系シャンプーでノンシリコン処方ですから、ぎしぎし感が強いのでは?
と考えている女性も中にはいるようですが、そんなことはなく、ぬるぬる成分フコイダンを始め保湿成分がしっかり配合されていますから、泡立ちも良くしっとりさらさらの髪の毛に仕上げてくれます。

 

沖縄もずくにヤシ油、砂糖大根などベタインが含まれています。
アミノ酸とミネラルが豊富なので肌、つまり頭皮にとても優しいシャンプーなんですよ。
スタイリストが職業柄どうしても手荒れしてしまうシャンプーの回数の多さの悩みから生まれたラフィーシャンプー。
ラフィーシャンプーはそんな手荒れを防ぐシャンプーで、つまり頭皮や肌に優しいシャンプーになっています。

グリコシルトレハロースやトウモロコシのデンプンなど自然の天然成分で保湿効果を狙い、刺激緩和の効果を期待され、肌荒れを予防、外部からの刺激も予防してくれます。
紫外線も予防してくれますから、髪の毛が焼けてパサつき感が酷くなるというjことを防ぐ効果も期待できますね。

ポリクオタニウムー10は髪の毛や皮膚に吸着して薄い皮膜を形成してくれます。
これがコンディショニング効果を期待でき、帯電効果を持ち合わせると言われているので、パサつきのない髪の毛へと仕上げてくれるんですよ。

 

このようにラフィーシャンプーを解析していくと、ラフィーシャンプーはただのアミノ酸系シャンプーと一味違うことが分かってきます。
現場でプロの目から見た本当に必要な成分を必要なだけ詰め込んだものがラフィーシャンプーなんですね。